本文へスキップ

相続対策から申告相談まで相続専門の笠原会計事務所へ|兵庫県・尼崎市、伊丹市、西宮市、宝塚市、芦屋市など

TEL. 06-6438-5450

〒661-0044
兵庫県尼崎市武庫町3丁目25-22

新着情報・FAQNEWS&FAQ

新着情報

2012年11月15日
サイトをオープンしました。

サポート情報(FAQ)

サービス関連

Q.相続税ってどれくらいの財産があったらかかるのですか?
 
相続税の基礎控除は3,000万円+600万円×法定相続人の数(養子がいる場合には一定の制限あり)で
  求めた金額です。したがって、この金額を超える財産をお持ちの人は相続税がかかります。

Q.どれくらいの税額になりますか?
 
相続税は、相続人の数、財産の額、配偶者がいるかどうかで税額が違ってきます。
  相続税額の目安は、こちらをご参照ください。
  
Q.申告はいつまでにすればよいのですか?
 
相続税の申告は、相続の開始があったことを知った日の翌日から10ヶ月以内に、被相続人の住所を
  所轄する税務署長に提出します。

Q.亡くなった人の所得税の申告はどうするのですか?
 
所得税の確定申告(準確定申告といいます)は、相続の開始があったことを知った日の翌日から4ヶ月以内に、
  被相続人の住所地を所轄する税務署長に「死亡した者の所得税の確定申告書付表」を添付して提出します。

Q.相続税の申告をしなかったらどうなりますか?
 
相続税は自主申告ですから、相続税がかからないようであれば申告する必要はありません。
  ただし、相続の申告については、税務署サイドでも資料を収集していますので、もし、相続税がかかるということ
  で決定されますと無申告となり、加算税及び延滞税が課税されます。

Q.税額が0(ゼロ)でも申告が必要なこともあるそうですが、どんな時ですか?
 
配偶者に対する相続税額の軽減や小規模宅地等の減額特例、特定事業用資産にかかる評価の特例の適用を受ける
  には申告をすることが要件となっています。
  したがって、これらの適用を受けて相続税がかからないという場合は、相続税がかからなくても申告しなければ
  なりません。

Q.調査って必ずあるのですか?
 
はい。相続税の調査は必ず行われます。自宅に調査しに来るかどうかはわかりませんが、税務署では調査が
  行われています。

バナースペース

笠原会計事務所

〒661-0044
兵庫県尼崎市武庫町3丁目25-22
TEL 06-6438-5450
【受付/対応時間】
 平日  9:00〜12:00
    13:00〜17:00

※平日のご来店がむずかしいお客様のために、「土曜・日曜相談」(事前予約制)を実施しています。